愛の森コラム
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年06月28日(金)

住まいの場の意思決定

とある入所施設の、とある男性利用者さんの話である。

40歳代半ばでこの施設に入所され今日まで19年ほど過ごしてきた訳だが、ご本人、引越しを考えているという。自身の年齢が60歳代半ばになり、高齢者を特化して援助を実践している別の入所施設への移行を検討している最中だ。19年余り過ごしてきたこの施設にも強い愛着があり、他の利用者とも円滑な関係性を維持する温和な利用者であったが、先日、引越しを検討している高齢者施設へ職員と一緒に見学に行ったところで、どうやら心を大きく動かされた様子。(その施設には、診療室も歯科室も理髪室もあり、さらに自動販売機も多く設置されている等、彼にとっては安心感と魅力が沢山!?)そこから話はさらに進展し、お試しの体験入所の日程まで決定済みなのである。参考までに、現在彼が利用している入所施設の利用者の平均年齢は46歳くらい。知的障害の特性もあり加齢化が進んでいるものの、まだまだ若い利用者も多い。60歳代で入所利用しているのは彼だけである。

一般的に住まいを検討する時には、物件の住まい易さや、周囲の環境などを第一に考えるのが当然であろう。しかし、障害者支援施設(入所)に入居する際には、利用者の希望や意向はもとより、それぞれの事業所の役割や機能性によって利用者をマッチングさせる事が往々に起こるのである。彼自身、60歳代半ばに差し掛かるも、健脚とまでは言えないが支えなしの自力歩行が可能で、食事場面も見守りは必要だが自力摂取で食欲も旺盛であり、いわゆる元気である。しかし、現在利用している施設の機能性(総じてバリアフリー型ではなく、設立から30年以上経過)や、生活の安心・安全の担保・医療面等を考えると、彼がまだ元気なうちに機能が充実でハード面も整備された他施設へ移動した方が・・・と。実際に数年前からこのような内容で彼に対し、引っ越しを検討して頂けないかと、幾度も話をしてきた経緯もあったらしい。その時どきの彼は「まだ、65になったら。ここでいい。」と。

ここで忘れてはならないのが意思決定支援である。事件から3年。現在津久井やまゆり園が再生基本構想を軸に、主として住まいの場の意思決定支援が慎重に取り組まれているところだ。スケールとしては小さいが、この彼も今まさに住まいの場の意思決定支援が行われている。理解を得る為の情報提供手段の工夫、見学・体験利用を経たうえでの判断材料の蓄積など、本人本位の思いの中で最終的な意思決定になることが最善であろう。

上記に記したように時に施設職員は勝手で自己中心的であり、施設の事情や体制を都合よく解釈し『利用者のことを考えれば〇〇〇の方が良いに決まってる!』と、利用者の人生に安易に介入し、支援の美徳を得ようとするところがある。『わたしの気持ちや意思を確認していますか?』と、指摘を受けることがないように、今回の意思決定が住まいの場であることを、私たち職員は重んじ、慎重に、丁寧に、真摯に、最後まで対応しなければならない。

とある施設の話でした。

愛の森学園 職員・E

2019/06/28 17:00 | 職員のコラム

2019年05月31日(金)

「平成」から「令和」に思うこと

年号が平成から令和に変わり、テレビではまるで年末年始のゆく年くる年のようなお祭り騒ぎ。私自身も新たな時代に期待と喜びを感じつつも少し冷めた目でテレビを眺めていた。

昭和後期生まれの自分にとっては、平成は学生時代から就職、結婚、子育て(継続中)を駆け抜けた時代。ひとつの時代が終わり、新たな時代、我々の子ども達世代の時代が始まるのかなと、思いに耽ったりしてる。

話は変わるが、いつの時代にも人間は様々な出会いを経て大人になっていく。中島みゆきの曲ではないが、時代はまわるし、別れと出会いを繰り返す訳である。
私自身、平成の30年間は、ちゃらんぽらんな学生生活、就職、愛の森学園に転職して今に至る訳だ。このたった一行にたくさんの別れと出会いを繰り返している訳である。

人生は不思議だ。過去の大抵の出来事は、未来の今に何かしら繋がっている。嫌々やっていたことが大人になり糧になっていたことに気付くなんてしばしばあるし、人との出会いも同じで、仲の良い人や親兄弟のように自分に近しく理解のある人だけでなく、ウマの合わない人もいたから今の自分があり、思い返せばその人が大恩人だったりする。様々な出会いの分だけ人生のターニングポイントがあったと思う。
と言うことは、その出会いがひとつでも欠けていたりしたら今の自分は全く違う自分だったかもしれない。幾つものパラレルワールドがあったのかもしれないと思ったりする。
 
人間はひとりでは生きていけないなんて昔から何処かの誰かが言っているが、本当は1人で生きていこうと思えば、なんとなく1人で生きられたりするかも知れない。でも自らが生きてきた道程振り返ると完全に1人で生きることは不可能だし、そもそも人間なんてちっぽけなもので、意地を張って「1人でも生きられる!」なんてのは、思春期の子が頭に血が上って言う言葉である。
人として人と出会い、愛し愛されて、別れと出会いを繰り返しながら、生きていくのだ。今の私は、たくさんの人達との出会いのおかげで存在しているという考えに行き着く。

いつしか令和が終わりを迎える時、まだ私がこの世にいたならば、令和時代においての人生の変化に思いを馳せることだろう。
そして今よりももっと、たくさんの人達との出会いに感謝が出来る自分でありたいと思う。
 

職員 M

2019/05/31 17:00 | 職員のコラム

2019年05月01日(水)

「新しい時の幕開けに」

振り返ると平成は天災の時代だった。いつだったか、新聞でそのような記事を読んだ。

平成史を振り返れば、実にその通りだったと思う。

明治以降は天皇即位による改元となったが、それ以前は政治的策略、または天災などの続くときに改元されることが多かったようだ。これになぞらえば、平成は何度改元される可能性のあったことか。しかし日本は昔から、作っては壊れ、また作ることを繰り返してきた。島国だからこそ侵略されることもなく、この繰り返しが精神の鍛練と技術の進歩を生み、現在の発展に繋がる。

 

作っては壊れ、また作る。このいたちごっこは、いつまで続くのだろうか。地球がある限り、永遠に続くのだろうか。この壮大な考えは、やがて足元に着地して、自分自身を振り返る。

福祉の仕事をしていて、完成した、完結した、と思えることはない。常に懐疑心を持ちながら、おっかなびっくり進んでいく。不安で泣きたくなることも、うれしくてみんなに言いたくなることも、たくさんある。ひとつの達成は、ひとつの建物が出来るのと同じ。ハプニングが起きると、壊れてやり直し。人が他者を作ることはありえないが、その人生に介入という言葉でおじゃまさせて頂き、達成、完成や落胆の共感をしながら、道筋を共に辿っていく。所詮は人のするところ、この大きな世界の中で、私たちに一体何が出来るのだろうか。ややもすれば自己陶酔して独り善がりに満足しかねない危うさの中、冷静な目を持ち続けることの難しさ。

大きな世界の小さな輪の中で、少しでも、楽しい、と思ってもらえる時間を一緒に創ることが出来ているのだろうか。福祉って、一筋縄ではいかないな、と思う日々。何を思うのかと言えば、利用者さんの支援計画。この1年で、何を提供することが出来るのか。準備や評価の面から見ると、1年とはあっという間に過ぎる時間。意思決定支援に従って、成功も失敗もひっくるめて、充実した時をお届けしたい。まずは利用者さんと約束している、ジュースを買いに行かなくちゃ。

 

令和だろうと平成だろうと、天保でも天平でも嘉永でも、人々の生活が脈々と紡がれていくことに変わりはない。その中で、少しずつ世界は変わっていく。

 平成の30年と4か月、時代は大きく変わった。来る令和の時代は、どのような日々になるのだろうか。そしてわたしたちは、どのような時代を作り得るのか。

 

職員O

2019/05/01 09:26 | 職員のコラム

2019年04月01日(月)

初心表明 Ⅱ

「新しい元号は平成『へいせい』であります」
今から30年前、1989年1月7日に故小渕恵三官房長官が記者会見で新元号を披露した。毛筆で書かれ額縁に入れられた「平成」は今も強く印象に残っている。
あれから30年、2019年5月1日いよいよ新たな時代の幕開けとなる。

 

1988年に開所した愛の森学園にとっても平成時代の馴染みは深く、ともに歩みを進めてきたことになる。

 

ちょっと振り返るが10年前の2009年度始めに、コラムにて「所信表明」ならぬ「初心表明」を先代施設長はこのように記した。

 

①現在愛の森で支援しているすべての利用者の自己決定、自己選択を最優先する。
②新しい利用者(通所・短期入所、ホーム等)を求め、最大限門戸を開放する。
③次年度(2010年)新ホーム整備の計画を立て、利用者の流動化を促進する。

 

おさらいすると、自己決定・自己選択は可能な限り支援に反映したであろう。
2013年4月に新作業棟を竣工し、生活介護の定員も増員、利用者も職員も多くなった。
新ホームに関しては、候補地選定まで進んだものの、設置には至らず。

 

10年一昔とはよく言うものであるが、「ついこの前だったような・・・」と思うところが時の流れの速さに驚きを隠せないのである。
さて、新しい時代の幕開けに相応しい「所信表明」ならぬ「初心表明」は・・・

 

①現在愛の森で支援しているすべての利用者の意思決定支援を最優先する。
②入所利用者の高齢化対策を具体化・具現化する。
③社会福祉法人として地域における公益的な取り組みを実施する。(社会貢献)

 

時代は確実に時を駆け抜け、法も制度も変貌を遂げる。そんな時代性に相応しい「初心表明」(あくまでも個人の想いです)をここに記すこととする。

 

今年度も愛の森学園をよろしくお願い致します。

 

愛の森学園 職員・E

2019/04/01 09:42 | 職員のコラム

2019年03月01日(金)

IT技術の進歩と福祉施設を考える

ニュースで通信システムが5G(ファイブジー)になるというのを見ました。
私も素人なので詳しく説明できませんが、5Gとは何か言うと、現在のスマートホンや携帯電話の通信システムは3G・4Gなのですが、それがグレードアップするということです。要するに『インターネットの通信速度が速くなり、大容量のデータ通信が可能になる』ということです。
IT技術は日進月歩を続けている訳ですが、この分野は苦手な方からすれば、「ガラケーの私には関係ない」とか声が聞こえてきそうです。しかし携帯電話に限らず、様々な物がインターネットに接続されている今の世の中、通信システムが5Gになると生活がどのように変化していくものか調べてみました。

 

5Gは2020年の実用化に向けて研究されているそうです。
例えば、バスや工事車両の遠隔操作による運転とか、ドローンに付けたカメラを使用した危険地域の作業、医療ではロボットの遠隔操作で高度な手術をしたり、バーチャルリアリティー(VR)を利用した接客業など、様々な期待がされているところです。2020年の東京オリンピックの頃には自動運転のバスが導入されるなんて話もあります。

 

総務省が5Gの実証試験動画を出しています。下記のリンクからご覧下さい。
https://youtu.be/8Uwy5AS6zNo?list=PL7PI1l61-EVLG2pSuUkpXm06IqMFYWbp6

 

このイメージ動画を見ると、人材難の福祉業界に革命的なことが起こりそうな予感がします。例えば、帰省出来ない利用者さんにバーチャル映像で家族と面会していただいたり、バーチャル映像で旅行体験したり、ロボットやバーチャル映像が利用者さんのお話し相手をしたりと様々な可能性を想像することが出来ます。
昨今話題のAI(人工知能)と5Gの融合は、人手不足の日本社会に限りない可能性を感じます。十年後には福祉施設の事務所の受付は人型ロボになり、お金は電子マネー化されて、物品購入等の事務業務は全てコンピューターが自動的に行う。利用者さんの外出は自動運転の車両で移動して、コンビニなどでの物品購入は電子マネーで自動決済。厨房の調理もロボット化されて、人を介してのウィルス感染も心配なくなる・・・なんて世界がもう目の前に来ているかもしれません。社会の変化に合わせて、福祉施設生活も変化してきたように、様々な技術の発展は施設で生活する利用者さんの未来にもたくさんの可能性を広げてくれると言えます。

 

私は子供の頃、未来の世界を描いた科学図鑑を見るのが大好きでした。その世界が着実に近づいていることにワクワクしている今日この頃です。

 

職員M

2019/03/01 09:00 | 職員のコラム

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]